2022年モデル 新型 TREK(トレック) FX SPORTシリーズ

 

TREKの人気ハイエンドクロスバイクがフルモデルチェンジしました。 軽量なカーボン素材を使用したスタイリッシュな新型フレームは必見です!

 

  1. TOPICS
  2. 1.TREK FXシリーズとは↓↓
  3. 2.2022年モデル FX SPORT シリーズラインナップ↓↓
  4. 33.一押し!2022年モデル TREK FX SPORT 4・5詳細↓↓

 

<TREK FXシリーズとは>

 

FXシリーズとは、スムーズで軽快な乗り心地に実用的な機能性も併せ持つ、初めてのスポーツバイクにおすすめのTREK(トレック)の定番ベストセラークロスバイクシリーズです。

通勤・通学やお買い物など、日常の移動手段としても利用される方向けの、アルミフレームを採用したエントリーモデル『FXシリーズ』、本格的なサイクリングやフィットネスに使いたいという方向けの、カーボンフレーム採用の『FX SPORTシリーズ』をラインナップ。 モデル名の数字が増えればグレードも上がるというシンプルで分かりやすいネーミングで、フィットネスから通勤・通学、お買い物まで幅広く使えるユーティリティーさが人気のポイントです!

今回はその『FX SPORTシリーズ』の新型2022年モデルをご紹介させていただきます!

 

<2022年モデル TREK FX SPORTシリーズラインナップ>

早速、今回発表された2022年モデル FX シリーズのラインナップをご紹介します!!

 

TREK 2022年モデル

FX SPORT 5

価格:¥225,500-(税込)

カラー:NAVY CARBON SMOKE(1色展開)

サイズ:XS、S、M、L、XL

FXSport5Carbon_22_35786_A_Primary

スペック

軽量400シリーズOCLVカーボンフレーム + カーボンフォーク

油圧式ディスクブレーキ

変速 1×11速(シマノ GRX/SLXグレード)

IsoZoneハンドル&グリップ採用

グラベルライドも可能な安定感のある700×40C幅広タイヤ

 

軽量カーボンフレーム+カーボンフォーク採用で、軽快かつ快適な乗り心地を実現!

まるでロードバイクの走行性能を、操作性の高いフラットハンドルで味わうことができますよ!

フロントの変速が1段になり変速操作はよりシンプルになり軽量化にも貢献。

カーボンフォーク+ IsoZoneハンドルバー&グリップ採用で、路面からの振動吸収性に優れ、軽快感のある乗り心地が、週末のロングライドではどこまででも走れるような、そんな気持ちにさせてくれるでしょう。

油圧式のディスクブレーキはあらゆる天候で安定した制動力を発揮してくれ、40Cの幅広めのタイヤはどこでも走れるような安定感と乗り心地をもたらしてくれます。

カラーはカーボン素材の地が透けて見えるNAVY CARBON SMOKE。贅沢で高級感のある仕上がりに。

 

 

TREK 2022年モデル

FX SPORT 4

価格:¥187,000-(税込)

カラー:DARK AQUATIC、LITHIUM GREY(2色展開)

サイズ:XS、S、M、L、XL

FXSport4Carbon_22_35785_B_Primary FXSport4Carbon_22_35785_A_Primary

スペック

軽量400シリーズOCLVカーボンフレーム + カーボンフォーク

油圧式ディスクブレーキ

変速 1×10速(シマノ Deoreグレード)

IsoZoneハンドル&グリップ採用

グラベルライドも可能な安定感のある700×40C幅広タイヤ

 

軽量カーボンフレーム+カーボンフォーク採用で、軽快かつ快適な乗り心地を実現!

まるでロードバイクの走行性能を、操作性の高いフラットハンドルで味わうことができますよ!

コンポーネントのグレードをベーシックなものにすることで、カーボンフレームバイクとしては、かなりコストパフォーマンスの高い一台に。

カラーは深みのあるDARK AQUATIC と シックなLITHIUM GREYの2色展開。

こちらも高級感のある仕上がりになっています。

 

※仕様に関してはコロナ禍の自転車パーツ供給難に対応するため、同等グレードのものに変更になる場合があります。

 

<一押し!2022年モデル TREK FX SPORT 4・5 詳細>

 

フレーム素材は軽量な400シリーズOCLVカーボンを使用

 PXL_20220212_014210914.PORTRAIT-1024x576

まるでロードバイク?というくらいの仕上がりの綺麗さです。

TREKが誇るカーボン製造技術OCLV製法でつくられた軽量なフレームは、軽快で快適な乗り心地を実現します。

FXSport5Carbon_22_35786_A_Alt9

FX SPORT 5は高級感のあるNAVY CARBON SMOKEカラー。塗装の下のカーボン地が透けて見える仕様です。少し前まではプロジェクトワンなどのハイエンドロードバイクにのみ採用されていたような贅沢なカラーだったのですが、ついにクロスバイクにもこの塗装が採用されました。

 

 

ブレーキホース・シフトワイヤーはフレームに内装されスッキリ

 PXL_20220212_014223980.PORTRAIT2-1024x576

ブレーキや変速などのケーブル類がフレームに内装され、すっきりとした見た目に。

ヘッドパーツ部分からフレーム内に内装される形になります。

フレームの拭き上げやワックス掛けといったお手入れもやりやすくなっています。

 

 

シンプルな変速操作を実現する1×ドライブトレイン。

10

FX SPORTシリーズにはフロントギアが1枚の1×ドライブトレインを採用。

シンプルかつ直感的な操作で快適に。

リアカセットは11-42T、11-46Tというワイドなギア比を採用することで、右手の操作だけで、上り坂も軽々、下りはしっかりとスピードを出せる仕様になっています。

 

 

油圧式のディスクブレーキを採用

9

今やスポーツバイクでは主流になっている油圧式のディスクブレーキを採用。

軽いタッチで動作も安定していて、耐久性も高いのでおすすめです!

ディスクブレーキは悪天候でもしっかり制動することができるので、急な天候変化でも安心して走行することができます。

なかでも油圧式はワイヤー式のディスクブレーキよりも軽い操作感が特徴で、少ない握力でしっかりブレーキが効く為、制動力の強弱がコントロールしやすいのも特徴です。また、リムが消耗しないのでホイールが長持ちします。「雨の日でもトレーニングや通勤で使いたい」という方にはとてもおすすめです!

 

 

IsoZoneハンドルバー&グリップで振動吸収

2

手への振動を軽減してくれるIsoZoneハンドルバー&グリップを採用。

路面から伝わる振動を軽減してくれるので、明らかに疲れ方が違います!

幅広のグリップで手のひらが安定するのも快適です!

長距離走行をやってみたいという方にはぜひおすすめしたい仕様のひとつです。

 

 

幅広な700×40CのBONTRAGER GR1 EXPERTタイヤを標準装備

5

BONTRAGER(ボントレガー)のグラベルタイヤ GR1 EXPERT 700×40Cを標準装備。

幅広なタイヤで、安定感・快適性を高めており、未舗装の林道や多摩川の河川敷の砂利道のような場所も走れちゃいます!

ホイールはボントレガーのTLR(チューブレスレディ)システムに対応しており、追加で専用のリムテープ・バルブ・シーラント(パンク防止剤)を購入し、チューブレス対応のタイヤを装着することでチューブレス化ができます。※標準タイヤはTLR対応ではありません。

チューブレス化することで、乗り心地の向上、パンクリスクの低減など様々なメリットがあります。運用の仕方など詳しくはスタッフまでご相談ください!

PXL_20220212_014336575.PORTRAIT-1024x576

クリアランス的にはもう少し太めのタイヤも履けそうです。

メーカー推奨は42Cまで。※フルフェンダー装着時は40Cまで

 

 

もちろんフレーム内蔵センサーDuoTrap S対応です!

6

走行データを記録できるフレーム内蔵式センサー「DuoTrap S」(別売り)に対応しています。

速度やケイデンス(ペダルの回転数)、走行距離などのデータを送信してくれるセンサーで、多くのサイクルコンピューターが採用しているデジタル電波規格の“ANT+”と、スマートフォンなどで採用されているワイヤレス電波規格の“Bluetooth”でデータを送信。接続したサイクルコンピューター、スマートフォンのアプリで正確な走行データ管理ができます。

すっきりとした見た目はキープしつつ、ライドの楽しみの幅を広げることができます。

 

 

ハイパフォーマンスなのに多用途なカスタムが可能!

FXSport4Carbon_22_35785_B_Accessory1

2021年モデルと同様、様々なアクセサリーを追加することができます。

使い方に合わせてカスタムすることができるのもFXシリーズの魅力の一つです。

ライトやロック、ボトルケージやスタンド、フルフェンダーにリアラックや前かごも取り付け可能です。

 

当店ではお客様の使い方に合わせて、スタッフが最適なアクセサリーをご提案させていただきます。お気軽にご相談くださいませ。

 

1

フレームにアクセサリー用のマウントがいくつも設置されています。

トップチューブ下側には先日発表されたグラベルロードCheckpointシリーズなどにも採用されているフレームバッグ用マウントも!

 


 

いかがでしたか?

普通のクロスバイクじゃ物足りない、でも実用性は犠牲にしたくない…

また、ロードバイクのような速くて軽いバイクが欲しいけど、ドロップハンドルはちょっと…

そんな方にピッタリのバイクですが、この造形に惚れた!というだけでも十分に買う理由になると思います。

 

中・長距離の通勤からサイクリング、本格アドベンチャーまで大活躍間違いなしですよ。

 

春のサイクリングシーズンに向けて、新たな相棒としていかがでしょうか?

BEX ISOYAはお客様のお問い合わせに、親身に対応致します。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

↓