【スマートサイクルトレーナーで快適バーチャルライドのすすめ】

 

 

スポーツバイクでの定期的な運動、トレーニングが習慣になってくると、もどかしいのは悪天候などでライドができないことです。

梅雨時期の長雨や、冬の寒さや積雪。真夏の猛暑や花粉なども外でのライドを億劫にする要因だと思います。

 

そこでおすすめなのがサイクルトレーナー。(ローラー台ともいいます)

室内でライドができるサイクルトレーナーがあれば、梅雨時季の不安定な天候に左右されず、ご自宅で定期的なエクササイズが可能になります。

また、真夏の猛暑の中でも涼しい室内で快適に運動することが出来ます。花粉の飛散も関係ありません。

 

【スマートトレーナーとは?】

 

自転車を専用ローラーの上に設置し、その場で自転車を漕ぐことができるのが「サイクルトレーナー」。

ご自身の自転車をトレーナーに設置するだけで、あなたのライフスタイルに合わせたエクササイズが、いつでも好きな時間にご自宅で行うことができます。

本格的なトレーニングはもちろん、運動不足の解消目的での使用にも最適です。

その中でもパソコンやタブレット、スマートフォンと接続し、オンラインでバーチャルライドを楽しんだり、コース上の起伏などを再現する自動負荷調整機能がついたものが「スマートトレーナー」。

ここ最近ブームになっているシェアNO.1バーチャルライドソフトウェア「Zwift(ズイフト)」もこのスマートトレーナーで楽しむことができます。

 

zwift 

《Zwift公式ホームページはこちら》

 

バーチャル空間をサイクリングするという視覚的にも面白く、ゲーム性もあるので、淡々とローラー上でペダルを漕ぐだけではすぐに飽きてしまいそう…という方にもおすすめです。

随時追加されている様々なコース、定期的にイベントや大会なども開かれていて、オンライン上で世界中の人とバーチャルライドを楽しむことができます。

 

 

【こんな方におすすめ】

 

☆日々の仕事が忙しく、なかなかライド時間を取れない

 

たとえば仕事から帰ってきて、外にライドにいく準備をするのって大変ですよね?

着替えて自転車の準備をして…

サイクルトレーナーなら自宅での運動なので服装は正直なんでもいいですし、あらかじめバイクをセッティングしておけば、すぐにトレーニングを始めることができます。

 

☆もっと効率よく高強度のトレーニングをしたい

 

サイクルトレーナーなら信号待ちなどの休憩もなく走り続けることができます。

また、強度を高めすぎてフラフラになってしまったとしても事故や落車の心配もない。安全に効率よく負荷トレーニングが可能です。

 

他にも…

☆花粉症で春先は外出を控えたい、けど運動はしたい

☆梅雨時期でもトレーニング間隔は乱したくない

☆真夏でも運動はしたいが長時間の屋外は熱中症が心配

 

時間を有効活用し、忙しい日々にエクササイズを取り入れてみませんか?

 

 

「スマートトレーナー試乗できます」

 

BEX ISOYA川崎店・成城店どちらも体験用スマートサイクルトレーナーが常設しており、Zwiftも体験していただけます。

お試しご希望の方はお気軽に店頭スタッフまでお申し付けください。

 

3

 

  

【スマートトレーナーでバーチャルライドをするために必要なもの、設置場所について】

 zwift-photo

 

ということで実際にZwiftなどを使ってバーチャルライドを楽しむ際に、用意しないといけないもの、あったほうがよいものをまとめてみました。

 

一覧にするとこちらです。

 

・ご自身のスポーツバイク(クロスバイク・マウンテンバイクでも可)

・スマートトレーナー本体

・パソコンやタブレット、スマートフォン・・・バーチャルサイクリングアプリをインストールするもの

・パソコンやタブレット、スマートフォンを置く台

・防振・防汚マット・・・とくにマンション住まいの方は必須だと思います。

・汗受けネット・・・フレームやハンドル周りに汗が垂れるのを防ぎます。

・大きめのタオル・・・冬でもインドアトレーニングは大汗をかきます。

・扇風機・・・できればサーキュレーターなど風力が強力なもの(エアコンの近くでやるのもおすすめ)

 

その他、設置場所のポイントとしては、スマートトレーナーは電源が必要な為コンセントやタップが近くにあることや、リアルタイムのバーチャルライドを快適に楽しむためには安定した通信環境(Wifi推奨)でないと、途中でフリーズしたり通信が途切れてしまいます。

パソコンはアプリによって推奨スペックが設定されていることが多いので、各アプリのページを参照していただくとよいと思います。

ちなみにBEX ISOYA成城店では、アップルTVにアプリをインストールし、大型ディスプレイに画面を表示させ、ディスプレイをスタンドに設置、トレーナー乗車時に目の前に画面がくるようにDEMOステーションを設置しています。

 

トレーナー用フロアマットはあったほうがよい

 

1

 

トレーナー・バイクの下に敷くマットは騒音・振動対策+汗などの汚れ対策にもなります。

ヨガマットなどで代用する方もいらっしゃるようですが、専用マットの方が防振性が高いのでおすすめです。

建物自体に伝わってしまう振動が格段に少なくなるので、特にマンションやアパート住まいの方は必須といえると思います。

また、汗やドリンクなどが下に垂れてしまってもさっと拭けばきれいになるというところもおすすめする理由です。床に傷がついてしまうのも防ぐことができます。

 

5

 

 

汗受けネットもおすすめ

 

4

 

こちらはバイクに対する汗対策。

室内トレーニングは軽く漕ぐだけでも、冬でもかなり汗をかきます。

ご存じの通り汗には塩分が含まれており、これがフレームの塗装を痛めたり、ベアリング内に入ってしまうと錆の原因になったりするケースがあるのです。

タオルなどで代用することもできますが、ハンドルとシートポストにしっかり固定できる専用品はズレたりする心配がないのでトレーニングに集中できるでしょう。

  

いかがでしたか。

少しでもご興味がおありの方は、ぜひBEX ISOYA各店の試乗ステーションにてお試しください!

実際に設置する環境なども個別にアドバイスさせていただきます。

この機会にぜひご検討ください。

 

BEX ISOYAはお客様のお問い合わせに、親身に対応致します。ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

↓